20.10.11.

ソドムとゴモラが滅ぼされた後(19章)、アブラハムは、ヘブロンからペリシテ人の町「ゲラル」(1)に移動しました。しかし、「ゲラル」で、アブラハムは失敗を犯してしまいました。

(さらに…)

20.10.4.

アブラハムは、罪深い町ソドムが滅ぼされず、救われるように執り成しました(創18章)。しかし、結果的に「主はソドムとゴモラの上に、硫黄の火を天の主のところから降らせ、これらの町々と低地全体と、その町々の住民と、その地の植物をみな滅ぼされ」(24-25)ました。このソドムの滅亡から、どのようなことが教えられるのでしょうか。

(さらに…)

20.9.20.

18章では、三人の旅人との出会いについて記されています。彼らは、アブラハムに二つの重要なことを伝えました。何を伝え、何を求めたのでしょう。

(さらに…)

20.9.13.

聖書は、「主を待ち望む者は新しく力を得」(イザ40:31)ることが出来る、「あなたの若さは、鷲のように、新しくなる」(詩103:5)と約束しています。口語訳では「あなたは若返って、わしのように新たになる」となっています。TEVでは”I stay young and strong like an eagle”(鷲のように若く強くいられる)です。若さを保つためには何が必要なのでしょう。

(さらに…)

20.9.6.

17章では、アブラムにとって大きな転機となる出来事が記されています。ここからどのようなことが学べるでしょう。

(さらに…)

20.8.16.

主は、アブラムに子孫を与えると約束されましたが、それはまだ実現していませんでした。アブラムとサライは、この現実にどう対処したのでしょうか。

(さらに…)

20.8.9.

15章では、本当に主を信じることが出来るかという信仰のチャレンジを受けます。

この箇所から、3つのことが教えられます。

(さらに…)

20.8.2.

アブラムの生涯は、常に試練の連続、信仰のチャレンジの連続でした。14章では、ロト一家が戦争に巻き込まれ、連れ去られるという試練がありました。この試練の時には、どのような信仰のチャレンジがあったのでしょう。

(さらに…)

20.7.19.

12章では、「飢饉」が問題となりましたが、13章では、「豊かさ」が問題となりました。アブラムは、この問題をどのように解決していったのでしょう。

(さらに…)

20.7.12.

「カナンの地」でアブラムを待っていたのは、激しい「ききん」でした。アブラムは、この「ききん」という試練にどのように対処したのでしょう。

(さらに…)