20.6.21.

聖書は「すべての事について、感謝しなさい」と命じています。人生に起こる全ての事において、どんな状況の中でも感謝しなさいということです。どのようにしたら、どんな状況の中でも感謝出来るようになるのでしょうか。

(さらに…)

20.6.14.

主は、私たちに「いつも喜んでいなさい」、「絶えず祈りなさい」、「すべての事について、感謝しなさい」と語っておられます(Ⅰテサ5:16-18)。これら3つの事柄は、クリスチャンがとるべき態度と言えます。今日はこの中から、「絶えず祈りなさい」ということについて学びます。「絶えず祈る」とはどういうことなのでしょうか。

(さらに…)

20.6.7.

「喜んでいなさい」は、ギリシヤ語では「喜び続けなさい」となっています。しかし、人生には、嬉しいことばかりではなく、悲しいことや、辛いこともあります。ですから、「いつも喜んでいる」ということは、非常に難しいことです。どうしたら「いつも喜んでいる」ことが出来るのでしょうか。パウロは、その答えとなる言葉をピリ4:4で語っています。「いつも喜んでいる」ということは、「主にあって」可能となるのです。では、「主にあって」喜ぶとは、どういうことでしょうか。

(さらに…)

20.5.24.

イエスは、復活された後「四十日の間」、弟子たちに現れ、「神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され」(3)ました。そして、「イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなった」(9)のです。イエスが天に上げられたことには、3つの理由がありました。

(さらに…)

20.5.17.

イエスは、天に上げられる前に、弟子たちに「全世界」の「すべての」人々に「福音を宣べ伝えなさい」という大切な使命を与えました。イエスが命じられた福音宣教について共に学びましょう。

(さらに…)

20.5.10.

旧約聖書における偉大な指導者サムエルの母親となったのは、ハンナという女性でした。ハンナは「祈りの人」でした。彼女はどのような祈りをしたのでしょう。

(さらに…)

20.5.3.

イエスとペテロの会話から、イエスがどのようなお方であるかを知ることが出来ます。

(さらに…)

20.4.26.

イエスが復活した後、ペテロは他の弟子たちと共にティベリヤ(ガリラヤ)湖に行きました。それは、イエスが弟子たちに「ガリラヤに行くように」、と言っていたからです(マタ28:10)。イエスと弟子たちとの再会場面から、イエスがどのような方であるか知ることが出来ます。

(さらに…)

20.4.19.

「ふたりの弟子が、エルサレムから11km余り離れたエマオという村」(13)へと歩いていました。このエマオへの道中、彼らに何が起こったのでしょう。

(さらに…)

20.4.12.

イエスは、私たちの罪を身代わりに負い、十字架にかかり、死んで下さいました。しかし、三日目に、イエスはよみがえりました。イエスの復活は、私たちにどのような希望を与えるのでしょうか。

(さらに…)