20.8.2.

アブラムの生涯は、常に試練の連続、信仰のチャレンジの連続でした。14章では、ロト一家が戦争に巻き込まれ、連れ去られるという試練がありました。この試練の時には、どのような信仰のチャレンジがあったのでしょう。

(さらに…)

20.7.19.

12章では、「飢饉」が問題となりましたが、13章では、「豊かさ」が問題となりました。アブラムは、この問題をどのように解決していったのでしょう。

(さらに…)

20.7.12.

「カナンの地」でアブラムを待っていたのは、激しい「ききん」でした。アブラムは、この「ききん」という試練にどのように対処したのでしょう。

(さらに…)

20.7.5.

アブラハムは「信仰の父」と呼ばれています。なぜなら、彼は神から信仰を義(よし)と認められた最初に人だからです。私たちは、アブラハムの生涯を通して、神を信じて生きるということがどのようなことであるかを学ぶことが出来ます。

(さらに…)

20.6.21.

聖書は「すべての事について、感謝しなさい」と命じています。人生に起こる全ての事において、どんな状況の中でも感謝しなさいということです。どのようにしたら、どんな状況の中でも感謝出来るようになるのでしょうか。

(さらに…)

20.6.14.

主は、私たちに「いつも喜んでいなさい」、「絶えず祈りなさい」、「すべての事について、感謝しなさい」と語っておられます(Ⅰテサ5:16-18)。これら3つの事柄は、クリスチャンがとるべき態度と言えます。今日はこの中から、「絶えず祈りなさい」ということについて学びます。「絶えず祈る」とはどういうことなのでしょうか。

(さらに…)

20.6.7.

「喜んでいなさい」は、ギリシヤ語では「喜び続けなさい」となっています。しかし、人生には、嬉しいことばかりではなく、悲しいことや、辛いこともあります。ですから、「いつも喜んでいる」ということは、非常に難しいことです。どうしたら「いつも喜んでいる」ことが出来るのでしょうか。パウロは、その答えとなる言葉をピリ4:4で語っています。「いつも喜んでいる」ということは、「主にあって」可能となるのです。では、「主にあって」喜ぶとは、どういうことでしょうか。

(さらに…)

20.5.24.

イエスは、復活された後「四十日の間」、弟子たちに現れ、「神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され」(3)ました。そして、「イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなった」(9)のです。イエスが天に上げられたことには、3つの理由がありました。

(さらに…)

20.5.17.

イエスは、天に上げられる前に、弟子たちに「全世界」の「すべての」人々に「福音を宣べ伝えなさい」という大切な使命を与えました。イエスが命じられた福音宣教について共に学びましょう。

(さらに…)

20.5.10.

旧約聖書における偉大な指導者サムエルの母親となったのは、ハンナという女性でした。ハンナは「祈りの人」でした。彼女はどのような祈りをしたのでしょう。

(さらに…)