20.7.19.

12章では、「飢饉」が問題となりましたが、13章では、「豊かさ」が問題となりました。アブラムは、この問題をどのように解決していったのでしょう。

(さらに…)

20.7.12.

「カナンの地」でアブラムを待っていたのは、激しい「ききん」でした。アブラムは、この「ききん」という試練にどのように対処したのでしょう。

(さらに…)

20.7.5.

アブラハムは「信仰の父」と呼ばれています。なぜなら、彼は神から信仰を義(よし)と認められた最初に人だからです。私たちは、アブラハムの生涯を通して、神を信じて生きるということがどのようなことであるかを学ぶことが出来ます。

(さらに…)