20.9.6.

17章では、アブラムにとって大きな転機となる出来事が記されています。ここからどのようなことが学べるでしょう。

(さらに…)

20.8.16.

主は、アブラムに子孫を与えると約束されましたが、それはまだ実現していませんでした。アブラムとサライは、この現実にどう対処したのでしょうか。

(さらに…)

20.8.9.

15章では、本当に主を信じることが出来るかという信仰のチャレンジを受けます。

この箇所から、3つのことが教えられます。

(さらに…)

20.8.2.

アブラムの生涯は、常に試練の連続、信仰のチャレンジの連続でした。14章では、ロト一家が戦争に巻き込まれ、連れ去られるという試練がありました。この試練の時には、どのような信仰のチャレンジがあったのでしょう。

(さらに…)

20.7.19.

12章では、「飢饉」が問題となりましたが、13章では、「豊かさ」が問題となりました。アブラムは、この問題をどのように解決していったのでしょう。

(さらに…)

20.7.12.

「カナンの地」でアブラムを待っていたのは、激しい「ききん」でした。アブラムは、この「ききん」という試練にどのように対処したのでしょう。

(さらに…)

20.7.5.

アブラハムは「信仰の父」と呼ばれています。なぜなら、彼は神から信仰を義(よし)と認められた最初に人だからです。私たちは、アブラハムの生涯を通して、神を信じて生きるということがどのようなことであるかを学ぶことが出来ます。

(さらに…)