19.9.1.

聖霊は、どのようなところに臨まれ、働かれるのでしょう。

(more…)

19.8.18.

「異言」は、他の「御霊の賜物」と同様、神から与えられた恵み、贈り物です。しかし、「異言」は、最も否定的に扱われ、避けられている賜物と言えます。それは、「異言」ついての無知によって混乱がもたらされたことによります。パウロは、「異言」を語る際のガイドラインを教えています。

(more…)

19.8.11.

「御霊の賜物」(1)について、「ぜひ次のことを知っていていただきたい」と言われています。ですから、私たちも「御霊の賜物」について知らなければなりません。

(more…)

19.8.4.

「聖霊のバプテスマ」について学びましょう。「バプテスマ」とは「沈める」、「浸す」という意味のギリシャ語です。ですから、「聖霊のバプテスマ」とは、聖霊の中に「沈められること」、「浸されること」、すなわち「満たされること」と言えます。

(more…)

19.7.7

聖霊は、イエス・キリストを信じる私たちと「ともにおられ」、「ともに住み」、私たちの「うちにおられ」ます。ですから、私たちは「神の神殿」(Ⅰコリ3:16)、「聖霊の宮」(Ⅰコリ6:19)と呼ばれています。私たちは、内に住まわれる聖霊について知っているでしょうか。

(more…)

19.7.14.

イエス・キリストを信じる私たちの内には、聖霊が宿っておられます。聖霊は、私たちと「ともにおられ」、「ともに住み」、私たちの「うちにおられ」ます。ですから、私たちは「神の神殿」(Ⅰコリ3:16)、「聖霊の宮」(Ⅰコリ6:19)と呼ばれています。聖霊は、私たちの内にあって、どのような働きをされるのでしょうか。

(more…)