王のごちそうを食べなかったダニエルたち

ダニエル1:1-21、Ⅰコリント10:31

210425

4月から新年度が始まりました。学生でも社会人でも勉強に頑張っている人も多いのではないでしょうか。ダニエルたちは、捕囚となって外国に連れていかれ、カルデヤの文学を学ぶことになりました。彼らがどのようにしてそれらを学んだのかを見てみましょう。

(more…)

十字架上のことば「完了した」

ヨハネ19:28-30

210328

聖書には、イエスが十字架上で言われたことばが7つ記されています。今日はそのなかで「完了した」を学びましょう。

(more…)

201227

先週はクリスマス礼拝でした。イエスはベツレヘムの家畜小屋でお生まれになり、飼い葉おけに寝かされました。イエスは預言されてきたキリストで、へりくだって貧しく生まれた方です。今日はその続きでもあります。このイエスをパンという見方で考えてみましょう。

(more…)

201122

私たちは、家族や兄弟姉妹や友人や好きな人のために、健康や祝福を祈ります。しかし、自分を苦しめる大嫌いな人のために祈ることはないでしょう。それどころか、その人に災いが来ることを願うかもしれません。しかし、イエスは「迫害する者のために祈れ」と言われました。今日は「迫害する者のために祈れ」というテーマでお話しします。

(more…)

20.10.25

今日は、昔の人々が力を合わせて造り始めたバベルの塔が、神に喜ばれず、神の裁きにより中断してしまい、失敗に終わってしまった話です。

大洪水によってノアの箱舟はアララテ山に漂着しました(BC3000年頃)。アララテ山地は現在のトルコの東部にあり、トルコ、イラン、アゼルバイジャンの三国にまたがる山地です。大洪水から約100年後、人々はシヌアルの地、現在のイラクのユーフラテス川の東側にあるバビロンに住み着き、町を建て始めました。

それまでは石を積み上げて建物を造っていたのですが、彼らはよく焼いたレンガを用いました(創世記11:3)。また、彼らは粘土の代わりに瀝青という、粘着性の強いタールを用い、頑丈な建物を造りました。しかし、バビロンの人々は神に裁かれ、言語が混乱させられました。そのため、今日、多くの言語があるのです。彼らの言語は混乱したため、塔の建設は中断されて、人々は世界に散っていきました。現在、バビロンは遺跡だけの、誰も住んでいない荒れ地です。そのバベルの塔は、1876年に、イラクのバビロンで発見されました。

バベルの塔はなぜ神に喜ばれず、祝福されなかったのでしょうか。神に祝福されるためにはどうしたらよいのでしょうか。

(more…)

200927

どんな人も欠点があり、罪を犯すこともあれば、失敗することもあります。罪を犯したり、失敗してしまった人に対して、どのように接したらよいのでしょうか。ノアの子供たち、セム、ハム、ヤペテの態度から学びましょう。

(more…)

200823

ノアの箱舟の話は実話です。1959年、トルコのアララト山付近に箱舟らしき遺跡が見つかり、何十回も調査し、人工的な建造物で、木材が使われ、聖書通りのサイズで、等間隔の柱の跡があり、様々な動物の毛や角やふんが見つかったことなど、完全にノアの箱舟であるという証拠がそろい、トルコ政府は1987年、その場所にノアの箱舟国立公園を設立しました。

(more…)

200726

世の終わりになると疫病が流行ったり飢饉になったり、地震が起きたり民族紛争があり、戦争のうわさを聞くとイエス様が言われました。今の世界は新型コロナだけでなくエボラ熱やたくさんの疫病が流行りだしています。またバッタの被害で飢饉も起きています。これらは終末の始まりですが、本当に恐ろしいのは患難時代と呼ばれる主の裁きの7年間です。しかし、私たちは主イエス様によって御元へと引き上げられ、守られるのです。それは携挙と呼ばれるものです。

この携挙と同じような経験した人がいます。それはエノクです。今日はエノクの生き方を通して、なぜエノクが主の御元へと引き上げられたのかを学びましょう。

(more…)

200628

世の中には大金持ちになったり、成功する人たちがいます。私たちはそのような人々をうらやましく思ったりすることはないでしょうか。しかし、聖書はそれよりももっと大切なことがあると教えています。それは何でしょうか。

(more…)

200223

今日はクリスチャンにとって最も大切な信仰について学びましょう。カインとアベルはどんな思いで主にささげものをしたのでしょうか。神様を喜ばせる信仰は何かを学びましょう。

(more…)